お知らせ

弁護団による損害賠償請求に対するIHIの回答について

 当弁護団は、奈良在住の被害者(A類型)の代理人としてIHIに対し、平成20年8月8日付内容証明郵便により金345万円の損害賠償金の支払を求めました。
 これに対し、IHIから当弁護団に対し、同年8月22日付回答書において、不当にも「貴職らのご請求を慎重に検討いたしましたが、貴意には応じかねます」との回答がありました。
 この結果、当弁護団としては従前の方針に基づき、早期に損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴する予定でおります。
 現在、当弁護団では、全国在住の本件被害者から寄せられた本件訴訟に関する資料請求等に対し、委任契約の必要書類を含む関係書類を送付し、委任手続を進めているところです。弁護団としては、被害者から返送された関係書類を精査の上、原告適格者との委任契約を締結後、上記のとおり早期提訴を目指します。

以上

平成20年08月27日