お知らせ

全受任手続終了までの日程のお知らせ

 当弁護団では、平成20年9月に第1次提訴の受任手続を開始して以来、第4次提訴まで受任手続を継続し、順次提訴を続け、各提訴とも東京地裁民事31部で併合審理がされています。
 しかし、裁判の進行に伴い、追加提訴についての併合が無制限には認められなくなること、当弁護団の主張を前提とすると流通市場損害に該当する株式(A類型)についての時効期間が平成21年9月28日に完成する可能性があることから、弁護団での協議の結果、第5次提訴の受任手続終了とともに、当弁護団での 受任手続は全て終了とさせていただきます。
 そこで、今後の受任手続きについては、以下のとおりとさせていただきます。
 当弁護団は、今後も、これまで以上に原告の皆様の早期の損害回復を目指して全力を尽くして行きますので、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

     <今後の受任手続日程>
  1. 当弁護団からの受任手続必要資料の送付手続き
    8月21日金曜日受付分をもって終了。
  2. 当弁護団との受任手続き
    9月4日までに受任手続完了分をもって終了。

平成21年07月28日