お知らせ

第6回口頭弁論期日報告

 平成21年10月5日(月)午後1時30分から、東京地方裁判所第610号法廷において、本件訴訟の第6回口頭弁論期日が開かれました。
 被告は、本件訴訟において、平成19年3月期の有価証券報告書等には「虚偽の記載」は全く存在しないと主張しており、順次、これに関連する国内外の約20個の工事の概要を示しているところですが、前回までの期日と同様、今回の期日でも、数個の工事の概要を示しました。被告によれば、残りの工事数 は約10個ということであり、これについて、引き続き、同様の主張・立証を継続していくということです。
 なお、有価証券報告書等の「虚偽の記載」については、課徴金納付命令の勧告をした証券取引等監視委員会が、これを認定した根拠となる資料を所持しており、原告側では、その資料について文書提出命令の申し出を行っています。同手続きについては、本件訴訟の手続きと並行して審理が行われています。

平成21年10月25日